消化薬:薬の種類と特徴

消化薬について

消化薬とは

消化薬(しょうかやく)とは、胃の消化能力の低下を促進する薬で、消化酵素を主成分としている。また、一部の消化薬には胆汁の分泌を促進するものもある。主に、食後の胸やけ、食べすぎ、飲みすぎなどの際に服用する。

なお、胃の働きが弱いからといって恒常的に消化薬を飲むのは本来の胃の働きを弱めることにもつながるので、長期的な服用はしない。どうしても改善しない場合は内科の医師に相談するべきである。

楽天で探す: 消化薬