強心薬:薬の種類と特徴

強心薬について

強心薬とは

強心薬(きょうしんやく)とは、心臓機能の衰えが原因となる各種症状を抑えるための薬。市販薬である強心薬の場合、その作用は原因疾患がごく軽度の場合に限られる。主に、動悸や息切れなどの症状の緩和効果が期待できる。

なお、強心薬は常用するという薬ではなく、あくまでも対症療法薬であるため、服用に関してはその原因(ストレスや喫煙など)をやめるといった対処の他、高血圧や心臓弁膜症などの心不全に関する病気がある場合はそちらの治療を優先すべきであるとされる。また、使用に効果がない場合は年のせいにせず、医師に相談すること。

楽天で探す: 強心薬