動脈硬化薬:薬の種類と特徴

動脈硬化薬について

動脈硬化薬とは

動脈硬化薬(どうみゃくこうかやく)とは、市販薬の場合直接的に動脈硬化を治療する薬ではなく、血清コレステロールを改善する作用があり、血管壁へのコレステロール付着を防ぐ成分が主流。あくまでも動脈硬化の進行を遅らせたり、生活習慣病の予防程度に捉えるべきである。

実際に治療が必要となる高コレステロール血症の場合は医薬品を用いる。また、医師の治療を受けている場合は原則として医師の指導が無い限りは市販薬は用いてはならない。

楽天で探す: 動脈硬化薬