婦人病薬:薬の種類と特徴

婦人病薬について

婦人病薬とは

婦人病薬(ふじんびょうやく)とは、主に女性ホルモン(エストロゲン)の分泌異状による各種症状を緩和させる薬。肩こりや頭痛、冷え、便秘、ほてり、のぼせなどの自律神経症状から更年期障害、月経異常、下腹部痛などの様々な症状が対象となる。

基本的には鎮痛薬に女性ホルモンバランスを整える生薬や漢方薬などが配合されることが多い。症状が長引く場合は医師に相談すること。また、妊娠中の方は服用について医師や薬剤師に相談をすることが重要である。