外皮用殺菌消毒薬:薬の種類と特徴

外皮用殺菌消毒薬について

外皮用殺菌消毒薬とは

8pawsm2j6x外皮用殺菌消毒薬(がいひようさっきんしょうどくやく)とは、主に切り傷や刺し傷、すり傷などの傷口の化膿などを防止するための薬。液状、軟膏、エアゾール、パウダータイプなど様々なタイプのものが市販されている。

外皮用殺菌消毒薬の使い方としては、まず怪我をした箇所を流水で荒い、砂やごみなどを取り除き、祖ぬえから薬をつけるようにする。ただし、その際出血している場合は止血した後に利用すること。なお、傷口が大きい場合や不衛生な場所での怪我などの場合は感染症の恐れもあうr事から医師(皮膚科・外科)などに相談すること。

楽天で探す: 外皮用殺菌消毒薬