催眠鎮静薬:薬の種類と特徴

催眠鎮静薬について

催眠鎮静薬とは

催眠鎮静薬(さいみんちんせいやく)とは、主に軽度の不眠を改善するための薬。市販薬の場合は他の病気などによる不眠ではない場合に用いられる。ただし、長期の使用には依存性がある成分も含まれるため、長期間の服用は避けるべきである。

使用しても効果がない場合は医師に相談すること。また、催眠鎮静薬は使用により急激な眠気に襲われることもあるので、危険作業や運転は当然に避けるべきである。
なお、催眠鎮静薬とアルコールを併用すると催眠効果が非常に強くなることがあり危険なので、催眠鎮静薬を使用する場合は酒を飲んではならない。