眠気防止薬:薬の種類と特徴

眠気防止薬について

眠気防止薬とは

眠気防止薬(ねむけぼうしやく)とは、眠気を覚ます他疲労感の軽減を薬効とする薬のこと。基本的にはカフェインを主成分としており、その効果は1時間程度と短期間である。なお、眠気防止薬はあくまでも急激な眠気を覚ます薬であり、眠らなくて良くなる薬ではない。

前述の通り眠気防止薬はカフェインを主成分としていることから、コーヒーなどのカフェインを含む飲料と併用することで作用が強く現れすぎることがある。また、摂取後急激な運動を行うと動悸や息切れが現れることもある。また、刺激物でもあるので、胃潰瘍や高血圧といった人は利用に適していない。長期的に服用することで、内臓疾患の原因ともなることがあるので、恒常的な服用は避ける。

楽天で探す: 眠気防止薬