小児鎮静薬:薬の種類と特徴

小児鎮静薬について

小児鎮静薬とは

小児鎮静薬(しょうにちんせいやく)とは、小児の夜泣きやひきつけなどの興奮症状を鎮める薬。慢性的に小児鎮静薬を利用するのは適切とは言えず、繰り返して起きる場合は別の病気の可能性もあるので、医師(小児科医)に相談すること。

なお、成人用の鎮静薬を用いる場合は、かならず説明書に小児に対する使い方が記載されているかを確認すること。記載されていない場合は、小児用に用いることはできない(小児にとって有害な成分が含まれている場合もあるため)