鎮うん薬:薬の種類と特徴

鎮うん薬について

鎮うん薬とは

鎮うん薬(ちんうんやく)とは、めまい防止あ乗り物酔いを防ぐ薬として利用されるタイプの薬。多くの場合は乗り物酔いの防止薬として利用されることが多い。乗車の30分から1時間前ほどに服用することで効果を発揮する。

鎮うん薬の主な成分は眠気を誘う薬であるため、運転手自身は服用しないかまたは十分に気をつける必要がある。同成分は一般的な総合感冒薬にも含まれているが、その分量は鎮うん薬が総合感冒薬の数倍にも上ることから使用する際は注意が必要である。また、小児用の使用方法が掲載されていない鎮うん薬を小児に用いるべきではなく、小児用の鎮うん薬を与えるべきである。

楽天で探す: 鎮うん薬