総合胃腸薬:薬の種類と特徴

総合胃腸薬について

総合胃腸薬とは

総合胃腸薬(そうごういちょうやく)とは、胃腸における様々な深い症状wお改善するための薬のこと。胃痛や食あたり、胸やけなどを幅広くカバーする。胃腸がなんとなくおかしいという場合に使用する薬であり、その原因がわかっている場合は各種胃腸薬を用いるべきである。

胃痛や胸やけなどの症状には重大な疾病が原因となっている場合もあることから、症状が継続する場合は内科の医師の診断を受けるべきである。

楽天で探す: 総合胃腸薬