健康診断.com尿検査ガイド尿検査の検査項目>尿ウロビリノーゲン

尿ウロビリノーゲン

尿ウロビリノーゲンは通常、弱陽性(+)から擬陽性(±)が正常値です。強陽性(++)または陰性(-)の場合は主に肝臓系になんらかの疾患があることが疑われます。

尿ウロビリノーゲンとは

尿ウロビリノーゲンとは肝臓や胆のうの機能異常の有無を診断する尿検査の一種です。ウロビリノーゲンとは古くなった赤血球が肝臓で分解されてできるビルビリンという成分が胆汁となり腸に排出され、そこで腸内細菌により分解されたものです。

一部は腸から血中に吸収され尿として排出されます。そのため、尿ウロビリノーゲンは弱陽性(+)〜擬陽性(±)の範囲が基準値とされており、これよりも少ない陰性(-)や強陽性(++)が異常値とされます。

 

尿ウロビリノーゲンが強陽性・陰性となる原因

尿ウロビリノーゲンが強陽性・陰性となる原因としては強陽性の場合、溶血性貧血や肝炎、肝硬変、肝臓障害などが考えられます。逆に陰性となる場合は肝内胆汁うっ滞や閉塞性黄疸などが理由として考えられます。

いずれにしても強陽性または陰性反応が出た場合は再検査・精密検査の対象となります。

 

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。