健康診断.com病気ガイド血液・造血器の病気貧血>鉄欠乏性貧血

鉄欠乏性貧血について

鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)とは、貧血の一種で、その名前の通り鉄分(Fe)が不足することによりおこる貧血です。

鉄欠乏性貧血に関する原因と治療法・予防対策

鉄欠乏性貧血に関する原因や治療法またはその予防の為の対策などを解説していきます。

鉄欠乏性貧血の症状

鉄欠乏性貧血の症状としては、動悸・息切れ・顔面蒼白・立ちくらみ・疲れやすいといった一般的な貧血の諸症状に加えて、口角炎や口内炎、舌炎、スプーン状爪(爪がスプーンのように反り返る)といった症状が現れます。

 

鉄欠乏性貧血の原因

鉄欠乏性貧血の原因は名前の通り「鉄分」の不足が大きな原因です。体内に存在している鉄分がなんらかの理由により体外に喪失するのですが、通常は子宮筋腫、痔、消化管出血などによる出血、また生殖年齢の女性の場合生理(月経)による鉄分の体外への排出という可能性もあります。

また、もうひとつの可能性として特に若い女性に多いのが、過度なダイエットによる鉄分の摂取不足も問題となっています。

 

鉄欠乏性貧血の対策・予防策

鉄欠乏性貧血は貧血の中でも女性(特に若い女性)に多い病気です。無理なダイエットなどで明らかな鉄分不足がある場合は、こうした鉄分摂取不足が考えられますので、サプリメントなどを通じて鉄分を多く摂取するようにしましょう。
栄養成分としての「鉄分」

ただし、鉄欠乏性貧血には、特に消化管における潰瘍等が原因となっている可能性もありますので、症状が現れたら病院での検査を行うことが大切です。

 

鉄欠乏性貧血の治療法

鉄欠乏性貧血の治療法として、潰瘍などが存在しそこからの出血が確認される場合は原因疾患の治療を行います。同時に体内で不足している鉄分を補給する為の鉄剤(サプリメント(特にヘム鉄))の投与、鉄分を多く含む食品を摂取するような指導が行われます。

なお、鉄分を多く含む食品としては、「レバー」「牛肉」「アスパラガス」「小松菜」「ゴマ」「ココア」「ひじき」「牡蠣」などが代表的です。

 

鉄欠乏性貧血 関連商品・コンテンツ

鉄欠乏性貧血予防
鉄欠乏性貧血(病気診断と治療法)

 

 

病気の一覧を紹介しています。

脳・神経系の病気

脳梗塞 脳血栓症 脳塞栓症 脳出血 クモ膜下出血 パーキンソン病 てんかん 神経痛 認知症

がん(癌)

肺ガン 食道ガン 胃ガン 大腸ガン 肝臓ガン 膵臓ガン 上顎ガン 喉頭ガン 咽頭ガン 皮膚ガン 急性白血病 慢性白血病 多発性骨髄腫 悪性リンパ腫 腎臓ガン

腎臓・尿路の病気

腎不全 ネフローゼ症候群 急性糸球体腎炎 慢性糸球体腎炎 IgA腎症 尿路感染症 尿路結石 前立腺肥大症

目の病気

白内障 緑内障 糖尿病性網膜症 老人性黄斑変性症 眼精疲労 ドライアイ 結膜炎

胃腸・食道の病気

胃下垂 急性胃炎 慢性胃炎 胃ポリープ 大腸ポリープ 胃潰瘍 十二指腸潰瘍 虫垂炎 腸閉塞 潰瘍性大腸炎 食中毒

肝臓・胆のう・膵臓の病気

肝硬変 A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎 脂肪肝 胆石 胆のう炎・胆管炎 急性膵炎

心臓・血管の病気

心筋梗塞 狭心症 心不全 高血圧 不整脈 心臓弁膜症 突発性心筋症 心筋炎 大動脈瘤 閉塞性動脈硬化症 低血圧症 動脈硬化

肺・気管支の病気

肺炎 肺結核 気管支炎 気管支拡張症 気管支喘息(ぜんそく) 肺気腫 自然気胸 胸膜炎

血液・造血器の病気

貧血 二次性貧血 鉄欠乏性貧血 再生不良性貧血 巨赤芽球性貧血 溶血性貧血 出血傾向

骨・間接・筋肉の病気

変形性脊椎症 変形性関節症 椎間板ヘルニア 五十肩 骨粗鬆症 進行性筋ジストロフィー

耳鼻咽喉の病気

中耳炎 突発性難聴 メニエール病 副鼻腔炎 アレルギー性鼻炎

皮膚の病気

アトピー性皮膚炎 じんましん(蕁麻疹) 薬疹

内分泌系の病気

バセドウ病(甲状腺機能亢進症) 甲状腺機能低下症 橋本病(慢性甲状腺炎) アルドステロン症 クッシング症候群 褐色細胞腫 副腎性器症候群 副腎不全

代謝系の病気

糖尿病 高脂血症 痛風

女性特有の病気

生理不順 生理痛 不妊症 月経前症候群 子宮内膜症 子宮筋腫

膠原病・免疫疾患

関節リウマチ 全身性エリテマトーデス シェーグレン症候群 円形脱毛症 ペーチェット病 エイズ

精神の病気

神経症 自律神経失調症 うつ病 心身症

寄生虫による病気

アニサキス症 マラリア テング熱

その他病気(救急疾患・全身疾患・アレルギー疾患)

多臓器不全 日射病 熱射病 睡眠時無呼吸症候群 敗血症 風邪症候群 インフルエンザ 花粉症 メタボリックシンドローム