健康診断.com血液検査ガイド血液検査の種類>献血による血液検査

献血による血液検査とは

現在「献血」を行うと、7項目の生化学検査・400mLの献血または成分献血を行った場合は、追加で8項目の血球計数検査を無料で行ってくれます。こうして行った検査結果については、ハガキなどの書面にて親展で献血提供者に対して送ってくれます。

献血による血液検査の検査内容

献血では、献血に協力してくれた方に対して、献血後2週間程度で血液検査の検査結果を送るサービスを実施しています。

生化学検査

生化学検査の結果については、全ての献血協力者に発送されます。

・ALT
・AST
・γ-GTP
総タンパク質(TP)
アルブミン(ALB)
・アルブミン対グロブリン(A/G比)
・総コレステロール

 

血球計数検査

400ml献血および成分献血に協力した方に検査結果が発送されます(一部の献血センターなどでは、200mlの献血での検査してくれるところもあるようです)

赤血球数(RBC)
ヘモグロビン量
ヘマトクリット値
・平均赤血球容積
・平均赤血球ヘモグロビン量
・平均赤血球ヘモグロビン濃度
白血球数(WBC)
血小板数(PLT)

 

献血による血液検査-備考-

上記検査結果とは別に、B,C型肝炎ウイルス検査、梅毒検査、HTLV-I検査の検査結果通知を希望された方には、異常を認めた場合のみ献血後1ヶ月以内に親展にて通知します。

関連:HIV検査目的での献血について

 

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。