健康診断.com血液検査ガイド生化学検査>HDLコレステロール

HDLコレステロールとは

HDLコレステロールとは、俗に善玉コレステロールと呼ばれ血管の壁などに余計に付着しているコレステロールを回収する役割のあるコレステロールです。喫煙や肥満などが原因でHDLコレステロールの値が下がる場合があります。

HDLコレステロールの診断項目とポイント

血液検査における「HDLコレステロール」の基準値や、基準値を超える(不足する)場合に疑うべき病気や治療法・改善方法などを解説します。

HDLコレステロールの基準値(成人)

基準値(男性) 30〜86
基準値(女性) 40〜99
単位 mg/dL

 

HDLコレステロールによる診断ポイント

HDLコレステロールは体内の血管などに付着するコレステロールを除去する働きがあることから善玉コレステロールと呼ばれるように高いほど、動脈硬化などのリスクを下げることができるコレステロールです。

HDLコレステロールの量も生活習慣の影響を受ける事が多く、喫煙や肥満、運動不足などを原因として下がることがあります。逆にHDLコレステロールをあげる方法としてはイワシなどの青魚の油分や少量(適量)のアルコールなどに効果があるといわれています。

 

HDLコレステロールの異常により疑うべき病気・原因

以下は、HDLコレステロールの異常により疑う事ができる病気や原因です。ただし、以下に示した病気はあくまでも一例です。異常値であったからといって、すぐに病気というわけではありません。また、他の要因と連動して初めて病気として診断されるケースもありますので、ご注意ください。

・HDLコレステロールの値が小さい場合動脈硬化などのリスクが高まります。

 

治験ボランティア募集

現在下記の疾病や症状に対する治験ボランティアが募集されています。治験ボランティアにご参加いただける方には謝礼が用意されているケースがあります。

AGA治験モニター(男性型脱毛症)
糖尿病無償検診モニター(無償の血液検査付)

また、このほかの治験に関する情報は「治験情報サイトニューイング」などでも確認することができます。